キャッシングの申し込みで嘘を書いても大丈夫?

キャッシングの申し込みを考えているのですが、今の自分の状況だと審査が通らないんじゃないかと不安です。1つには自分の収入が少ないこと、そして、もう1つはまだ今の会社に入って2ヶ月しか経っていない、ということです。それで、審査の際にはちょっと数字を上乗せして書こうかと思っている、という話をしたら、妻からそんなことしたら、審査に通らないんじゃないの?と言われてしまいました。実際はどうなんでしょうか?貸金業者の側にバレたりすることってありますか?

申し込みで嘘を書いてもバレます

お気持ちはわかります。審査に通るために何とか工夫を、と思っておられるんだと思いますが、はっきり言って、嘘をついても後でバレてしまいます。もっと基本的なことを言いますと、誠実に取引をするというのはビジネスのもっとも重要なルールでもあります。嘘をつく、というのはいわば背信行為ですから、その人を信頼できるパートナーとみなすことは難しくなるでしょう。

なぜバレるかというと、1つはあとで給与明細などの書類の提出が求められるからです。その際に、あなたが申告した年収と、書類上の数字に違いがあれば、お金を貸す側はあなたに対する信頼を失いかねません。そして、嘘を最初からついてしまうようなお客さんにお金を貸すことに対する不安を抱くようになるでしょう。

ですから、現在のあなたの状況でも借りれるところを探すようにしましょう。もしどうしても難しければ、勤続年数は年月とともに増えていきますから、もう数ヶ月待ってみてはいかがでしょうか?

キャッシングの申し込み(申込)手順についての案内

キャッシングの申し込み(申込)についての案内です。まず、キャッシングというのはカードローンとは違っておりますので注意してください。ネットなどでも、「カードローンとキャッシングは同じだよ」というカキコミがあったりしますが、正確には使いやすいほうがカードローンとなっています。というのも、カードローンは「指定回数で支払えるローン」となっているからです。これを軸にして、キャッシングの申し込み(申込)について案内をしていきます。

まず、キャッシングの申し込み(申込)では、最初は「1回払い」となっています。カードローンの場合は、最初に決めてある回数分で支払っていくので、毎月の支払が楽なのはカードローンです。では、どうしてキャッシングを申し込む人がいるのか?というと、それはキャッシングのほうが金利が安いからです。カードローンより金利が安いので利用されているのですが、申し込みの際にはキャッシング申込申請書に必要な記入を行っていきます。

基本的に、「カードローンと同じ」となっているのですが、大事なのはこの記入の際に支払回数が選べるようになっている点です。よく見ると、「1回・3回・6回・12回・・・」のようになっているはずです。支払いやすいキャッシング金額は月収の10分の1程度と言われておりますので、もし月収が30万円ほどであれば30万円の商品購入時には、キャッシングの支払回数を10回以上としておくようにしましょう。申込みが完了した後、簡単な電話確認がありますが、そちらが終了となりましたら商品の購入へと進めるようになっています。

私はこんな理由で借りました!

運転免許証だけでキャッシング利用

キャッシングの申し込みって面倒なイメージがあったんだが、ちょっと調べてみたらキャッシングの申し込みは運転免許証だけあれば大丈夫、ということが分かったから利用してみることにした。急に金が必要になったとき、友人に頼むよりもキャッシングした方が人間関係は壊さないし。

何か申し込むときに身分証明書が必要になるのは当然だろうから、別に運転免許証を提示することに抵抗は無かった。金を借りるんだからちゃんと所在は確認しないとな。

スマホでキャッシング会社のサイトにアクセスしたら、そのサイトから24時間いつでも申し込めるってなってたし、運転免許証の提出も店まで持って行くんじゃなくてFAXとかメールでOK。手続きが簡単だから助かったよ。

早くから利用したかったです!

今度大好きな海外アーティストが日本に来てコンサートをするんです!行きたいんですけど…交通費と…後はチケット代、そして宿泊費用…結構お金がかかります…。

なんとかお金が欲しい!そう思っている時にネットで簡単に申し込める金融会社のサイトに行きました。ダメ元で申し込んでみると…本当に申し込みは簡単で誰でも迷わず出来る感じで、審査もあっという間、そしてすぐに口座に振り込みが完了したんですよ!本当に振り込みまで早くて待たされませんでした。

もっと早くから利用したかったな(笑)♪これでコンサートに行くことが出来ます!

医療費もキャッシングでどうにかなる

不摂生をしてきたせいかこのところ体調が悪くて病院に行くことが多くなりました。致命的な病気というわけではないのですが、高血圧で薬を飲んでいます。また腰痛がひどくてあちこち病院を変えてもあまりよくなりません。

治療費、薬代、病院までの交通費などを合計すると毎月結構な出費です。おまけに先日は妻の方がダウンして胃潰瘍で入院しました。入院費用も支払えずどうしようかと思っていたところキャッシングの広告が目につきました。

病院通いで忙しくて窓口に行く時間がないのでネットで申し込みできるというところに惹かれました。審査もスピーディでした。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 キャッシングお申し込みならここ!※お得な情報も一緒にゲット! All Rights Reserved.